看護婦

正看護師、准看護師、保健師、助産師・・・

かつては看護婦と称していました

 私たちが病気やけがをした時は自分で治せない場合は病院に行って治療してもらう事になります。その時にお世話になるのがお医者さんと看護師さんです。病気やけがの正しい病名を診断するのはお医者さんですが、治療のお手伝いには看護師さんが必要になる場合が多いです。看護師さんは昔は女性がほとんどでしたが、現在では男性も多く働いています。かつて男性だけしかいなかった職場に多くの女性が関わるようになったのと同じように、女性が多く活躍していた看護業務に男性が関わって来ているのです。それによって名称も変わりました。

 今までは看護業務をする人の事を看護婦と称していましたが、今では看護師と称るようになったのです。看護婦と称すると女性だけしか看護業務が出来ないような感じを与えてしまうからです。看護師と称するれば男女の差別なく看護業務ができるようになります。看護婦という言葉の方が柔らかい感じがしますが、時代の流れとして看護師の方が時代にぴったり合っているのです。